2009年07月29日

上棟の件

7月14日に、N邸を上棟しました。

P1010983 

この建物は軸組の加工はプレカットではなく、手刻みで、加工してあります。
プレカットでは、できない継ぎ手(金輪継ぎ手等)で軸組が組まれています。
尚、柱のほぞの長さも長く加工されており金物に極力頼らなくてもいいように造ってあります。
ですが、金物は使っています。今は昔と違って、金物の量が3倍位増えました。
いい所もありますが、金物に頼った加工になりつつあります。
またいい継ぎ手とかは、ほとんど評価されない時代ですので、
プレカットで加工の方が多いのです。
でも、耐震とかを考えると手刻みの方が耐震に強い建物が造れます。
私は、できるだけお客さんにとっていいやり方で建物を造っています。

 

posted by Toshi at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月03日

天井の竿

今日は、和室と廊下の天井竿を削りました。
杉の赤と源平です。削りやすさは赤のほうが、さらさら〜と削りやすいです。
1日削っていると、手の平が少し痛いです。
無垢の木は、ほとんど永久と言っていい位ずーっと強度を持っています。
それが、良くわかるのが20年位たった時に床(貼りの床板)の張り替えがありますが
無垢の床はほとんど、ありません。
新築当初は貼り床はきれいで安くできますが、年月がたつと
やり直しになってしまいます。
勿体ないですね


なんでも、共通する所があると思いますが
上辺だけではなく中身が大事ですね。

P1010965 P1010967

 

posted by Toshi at 18:18| 日記

2009年07月01日

ぬれ縁の台

今日は、ぬれ縁の台をお客さんのところに納品しました。
通常は上の板を短く張りますが横長にしてあります。見栄えがとてもいいです。
重たいかなっと、思いながら作りましたが軽かったです。
良かったです。

 

P1010961P1010962

 

posted by Toshi at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記