2009年12月03日

T邸 

P1020358
浴槽・洗面・トイレが、全部撤去されました。

P1020361

P1020360
これから、ドアの右側の柱をはずし
ドアの位置をずらして柱を新規にたてます。
構造をよく見ながらはずしていくのでず。
ここの、建物はわりと、梁の成がある材木を使用してあったので
大きな補強にならなかったので良かったです。
壊してみないと分かりませんので・・・
丁寧な大工さんが造った事が良くわかります。
この家は、山北のY工務店が建てたそうです。(今はありません)
昔の大工さんは腕をふるって、仕事をしてました。
今は、断熱係数とか、遮音とか防音・耐震壁など、ばかり言われています。
真から長持ちする家は、骨組みがとても重要です。
この柱は40年たっていますが、なにも傷んでいません。
これが、無垢材のいい所です。
また、改造時にも大きな費用がかかりません。
しかし、集成柱などを使われていると
かなり注意して仕事をしなければ、いけません。
それは、長い年月ではがれかかってしまう所が
あるからです。

 

posted by Toshi at 21:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。