2012年12月04日

南足柄市生駒新築工事(2)

桁や梁は集成材や途中で継いだ材にせず一本ものの無垢材を使っています。
IMGP7731
IMGP7722
通常より長い材料を使うので費用がかかってしまいますが、
一本の材の方が途中で継いである材よりも間違いなく丈夫です。

床束には鋼製束を採用
IMGP7726
鋼製束のメリットは優れた耐久性と強度、それに施工コストの低さ。
ちょっと贅沢して一番太いのを使っています。

鋼製束の左側に見える棒は「浮き止め」です
IMGP7729
土台と大引きを結束することにより、経年による「床鳴り」を
事前に防止する役目をしています。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 16:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。