2012年12月05日

南足柄市生駒新築工事(3)

今日は建物の仕様の話はなく、ちょっとした習慣の話です。

IMGP7739
鈴木工務店の現場で良く見かける 立てかけてある木材

何でこんなことしているかと言うと、実は「干して」いるのです。

IMGP7740
主要構造材は別として、大抵の木材はこんな感じで束になって届きます。
もちろん「乾燥材」なのですが、それでも湿気を吸ってたりします。

ですから、使う順番を見ながらバラして乾かしてから使うようにしています。
実際、干す前と後では明らかに重さがちがいます。(干した後の方が軽い)
それから加工して使いますので後々の「狂い」も少なくて済みます。

ほんの一手間で仕上がり後に影響する昔からの知恵の紹介でした。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 17:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。