2012年12月28日

南足柄市生駒新築工事(5)

IMGP8155

外部では下地材の取付が進んでいます。
通気性を確保するための縦胴縁がおわかりいただけますか?
IMGP8142
これがあるとないとでは建物の耐久性が全く違ってきます。

造り付けのバルコニーの下部に水切りをつけています。
IMGP8145
IMGP8143

出来上がってしまうと見えなくなってしまう所
IMGP8150
IMGP8150_2
軒裏の換気口の下地です。
下地を設けることで換気口がしっかり固定できますので
ゆるんだりガタがきにくくなります。

ここに限らず、下地をちゃんとすることにより、
後々のメンテナンスや補修の費用や手間に大きな違いが出てきます。
住んでからの負担は少ない方が良いに決まってますから

今年最後になりましたが、
来年以降もお客様が長く快適に住んでいただける家を造る
努力を惜しまない仕事を心掛けてまいります。

皆様、良いお年を迎えられますように

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 05:00 | TrackBack(0) | 日記

2012年12月27日

南足柄市生駒新築工事(4)

IMGP8134
年の瀬も押し迫ってきました。
新築現場も着々と進んでいます。

IMGP8131

IMGP8130
浴室も入りました。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 04:00 | TrackBack(0) | 日記

2012年12月05日

南足柄市生駒新築工事(3)

今日は建物の仕様の話はなく、ちょっとした習慣の話です。

IMGP7739
鈴木工務店の現場で良く見かける 立てかけてある木材

何でこんなことしているかと言うと、実は「干して」いるのです。

IMGP7740
主要構造材は別として、大抵の木材はこんな感じで束になって届きます。
もちろん「乾燥材」なのですが、それでも湿気を吸ってたりします。

ですから、使う順番を見ながらバラして乾かしてから使うようにしています。
実際、干す前と後では明らかに重さがちがいます。(干した後の方が軽い)
それから加工して使いますので後々の「狂い」も少なくて済みます。

ほんの一手間で仕上がり後に影響する昔からの知恵の紹介でした。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 17:08| Comment(0) | 日記

2012年12月04日

南足柄市生駒新築工事(2)

桁や梁は集成材や途中で継いだ材にせず一本ものの無垢材を使っています。
IMGP7731
IMGP7722
通常より長い材料を使うので費用がかかってしまいますが、
一本の材の方が途中で継いである材よりも間違いなく丈夫です。

床束には鋼製束を採用
IMGP7726
鋼製束のメリットは優れた耐久性と強度、それに施工コストの低さ。
ちょっと贅沢して一番太いのを使っています。

鋼製束の左側に見える棒は「浮き止め」です
IMGP7729
土台と大引きを結束することにより、経年による「床鳴り」を
事前に防止する役目をしています。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 16:54| Comment(0) | 日記

2012年12月03日

南足柄市生駒新築工事(1)

南足柄市生駒で新築工事中です

鈴木工務店の家の標準仕様に近い家です

静岡県産材
主要構造材はお隣の静岡県産材を使っています。

遮熱エアテックス
壁用の遮熱材にはフクビ製の遮熱エアテックスを使いました。
アルミ層を付加した壁用遮熱透湿シートで
高い反射率を保持し冷房効率がUP、省エネにもつながります。

IMGP7717
基礎と土台の間には土台パッキンを入れてあります。
床下の通気確保が目的ですが、土台の腐朽も防止する効果があります。
さらに基礎の切り欠きが不要になる分、基礎の強度も上がります。
施工に若干手間がかかりますが、より丈夫なショートタイプのパッキンを
使用しています。

鈴木工務店のホームページ

posted by Toshi at 18:09| Comment(0) | 日記

2012年05月01日

Y食堂リフォーム

Y食堂リフォーム

南足柄市竹松にて食堂を廃業した為、 洋室にリフォームする事になりました。

ここのお宅は、以前 鈴木工務店で建てたました。

築30年位

食堂 厨房の床張り 壁 天井 内装クロスを貼り工事を行います。

現在の様子

ここの建物は敷地にあわせた形になってますので三角変形してます。

三角の建物は構造加工をきちんとやらないと建物が垂直に立たなくなります。

築30年ですが、色あせはありますが劣化等がほとんどありません

これから、楽しみです。

 

 

 

続きを読む
posted by Toshi at 10:28| Comment(0) | 日記

2012年04月24日

H邸新築工事

H邸 新築工事(南足柄市 広町)

完成写真

床 チーク材

壁 珪藻土

出窓 地板  欅材

キッチン前 収納造りつけ

枠・建具  スプールス材

3本引き込み戸

 

外観完成

 

 

続きを読む
posted by Toshi at 11:56| Comment(0) | 日記

2011年08月10日

H邸 新築工事(解体工事)が始まりました。

H様より 平屋の新築工事の注文を頂きました。

母屋・小屋の解体工事が始まりました。

既存母屋

既存母屋です。

既存小屋

こちらの小屋も解体します。

解体中

サッシ・内部壁を壊しています。

ユンボで解体

完了

解体完了

きれいに、解体できました。

解体屋さんお疲れ様でした。

これから、境界の用壁工事が始まります。

 

加工場での様子です。

神奈川県産材柱

神奈川県産材柱が入荷し、寸法を均一にする為削る所です。

 

続きを読む
posted by Toshi at 12:00| Comment(0) | 日記

2010年03月25日

I邸洗面リフォーム(完成)

サッシの敷居下には、土台が初めからずらして
土台が付いていたようでした。多分腐ると思ってずらしんだと思いました。
根太もシロアリにやられていると困るので根太も全部交換しました。 

P1020785
P1020786
P1020787
P1020790
P1020791
完成写真  仕様 土台・ 根太   檜 に交換(根太は普通は米松材)
        床板 カバ桜

最近は、シロアリが好む材木を使用している建築がありますが
安い替わりに、シロアリの危険性が多くなりますので良く考えて施工した方が
後々いいと、思います。

 

posted by Toshi at 21:30| Comment(0) | 日記

2010年03月04日

I邸洗面所床張替

今日は、洗面所の床が、シロアリ被害にあって
その、床の張替をする所です。

 P1020777     P1020765
右側が、お風呂場です。この床の上にじゅうたんがひかれていて
ずーっと濡れた状態であった事でシロアリ被害になったと、思われます。
P1020779 P1020780
サッシの敷居下に土台があったのか、なかったのか分からないほどの状態になっています。
 
P1020782
P1020785 P1020786
根太・大引きを、交換している所です。
この大引きは4寸角を使い、シロアリ薬をぬりました。
いろいろ、考えながら仕事をしますがかなり、判断が難しい場合があり
最悪に、なっても大丈夫だというような仕事を心掛けています。

 

posted by Toshi at 22:53| Comment(0) | 日記

2010年02月20日

o邸外構完成しました

IMG_0061
以前の様子(外構ができる前)
P1020698
車がスムーズに入れるように気をつかいました。

P1020700
P1020701
化粧ブロックの下も、きれいに塗りました。
P1020702
ここの通路は、雨水が溜まらないように雨排水等を付け
配慮してあります。
また、手前の段差は車止めの役目をしてあり、奥まで
車が入るように、なっています。
高さの調整は、最初の計画を十分練っておかないと
いけないんですよ。
完璧にできました。

 

続きを読む
posted by Toshi at 18:43| Comment(0) | 日記

2010年02月10日

o邸外構工事

P1020685
駐車場になる所です。コンクリート打設後に割れを防ぐために収縮目地を入れた所です。
駐車場に車が入る時段差等を少なくしてあります。
また、駐車場の床(土間)も急な勾配ではなく、緩やかに車が入るように造りました。(急な勾配もありますが
バックで入りますので緩やかな勾配の方がいいです。)
道路から家に入るまで、高さがありますので、(ここの住宅は3段)その高さを全部上り下りしやすい高さに
する事が大切です。
P1020687 P1020690 P1020691
もうすぐ、完成です。

 

続きを読む
posted by Toshi at 22:14| Comment(0) | 日記

2010年01月30日

O邸外構工事

P1020509
これは用壁にひび割れが、入っていてそれをわからないように左官で下塗りをした所です。
完成後はこの用壁も新品同様になります。(ちょっとしたアイデアみたいな物です)

 P1020510
12ミリ異形鉄筋をアンカーとケミカルで継ぎ手全部打ち込みました。
P1020563P1020614 P1020615P1020620    
外の化粧ブロック積みはもうすぐ、完成です。   
まだ、いろいろありますけど。

 

続きを読む
posted by Toshi at 17:13| Comment(0) | 日記

2010年01月15日

建物が完成しました。

IMG_0060 
建物のみですけど完成しました。

ご覧になって下さい。
IMG_0001IMG_0003
玄関内部

IMG_0005 IMG_0008
玄関に入って正面です。
富士山の所について

富士山の裏は階段になってましす。
最初のお客さんの希望は、富士山の窓ではなく手すりで上部は開口がいいと、
言われていましたが。
私は、開口よりもなにか飾り窓の方のがいいんでは、ないかとお客さんに相談しましたところ。
「じゃ〜、棟梁にまかせると 」言ってくれました。
私は、その時すでに 丸窓がいいか長し角の窓がいいか?悩んでましたが
富士山が、落ち着いてていいと思い。
このような形にしました。
ここの地域は本物の富士山が良く見えるのですが、ここの建築場所1階からは
あまり見えませんでした。
でも2階からは良くみえます。
これが、代わりになればいいと考えました。

富士山はとても、美しく心を癒してくれます。
ここに来たお客さんが玄関の富士山を見て
心が豊かな気持ちを感じてくれれば良いと思ってます。

 

 

IMG_0014   IMG_0009 IMG_0010  IMG_0013  IMG_0011

1階和室から台所

 

IMG_0035 IMG_0037 IMG_0042 IMG_0028

2階ホール・ベランダ

 

posted by Toshi at 09:06| 日記

2009年12月05日

富士山の窓

 P1020379
玄関正面に富士山の窓を造りました。
富士山の回りを漆喰で縁とっています。
なかなか、できる人がいないんですよ。
こうゆう仕事は私も久しぶりです。
出来上がりが、楽しみですよ。

P1020375
裏側



P1020380
玄関の格子天井です。
落とし掛けに、槐(えんじゅ)を使いました。
この木は、災いをよけてくれる意味がある木です。
小さくても、1カ所、つけた方がいいと言われています。

 

posted by Toshi at 17:25| Comment(0) | 日記

2009年12月03日

T邸 

P1020358
浴槽・洗面・トイレが、全部撤去されました。

P1020361

P1020360
これから、ドアの右側の柱をはずし
ドアの位置をずらして柱を新規にたてます。
構造をよく見ながらはずしていくのでず。
ここの、建物はわりと、梁の成がある材木を使用してあったので
大きな補強にならなかったので良かったです。
壊してみないと分かりませんので・・・
丁寧な大工さんが造った事が良くわかります。
この家は、山北のY工務店が建てたそうです。(今はありません)
昔の大工さんは腕をふるって、仕事をしてました。
今は、断熱係数とか、遮音とか防音・耐震壁など、ばかり言われています。
真から長持ちする家は、骨組みがとても重要です。
この柱は40年たっていますが、なにも傷んでいません。
これが、無垢材のいい所です。
また、改造時にも大きな費用がかかりません。
しかし、集成柱などを使われていると
かなり注意して仕事をしなければ、いけません。
それは、長い年月ではがれかかってしまう所が
あるからです。

 

posted by Toshi at 21:08| Comment(0) | 日記

2009年12月02日

T邸 増改築工事

これから、ここに増改築する所です。

P1020327
11月25日頃の写真です。
 P1020348
今日の朝
外壁を少しずつたたいたり、バールを使いながら壊していきます。

P1020351
今日の午後です。
外壁がとれ、中を解体しています。
浴室のタイルを壊すのはかなり力が入ります。
そのうちに、柱をはずして梁をいれたりします。
使いやすい間取りになります。

P1020345

これは、月曜日に近くの材木屋さんで下駄箱の天板を挽き直してる所です。
檜で幅は約45センチあります。この位の幅が広い材木はあまりないいんですよ。

最近は天気がいいので、たすかります。
また、完成まで少しかかりますが
お客さんは喜んで工事を見ています。
約1カ月位で完成予定です。

 

posted by Toshi at 18:31| Comment(0) | 日記

2009年11月12日

げた箱 完成

P1020269
げた箱の枠が完成しました。この中にタナを付けて終了です。
最後に建具をつけますけど。
きれいにできましたよ。
P1020270
ホール廊下の腰板を付けている所です。
あと少しで、木工事が終わりです。
みんな良くやりました。

 

posted by Toshi at 22:01| Comment(0) | 日記

2009年11月11日

げた箱作り

今日は、げた箱の刻み・組立をしました。
通常は既成のげた箱を取り付けますが、
この住宅は全部木で削り・刻み・組立・取り付けを
しました。
どこにもないオーダー家具みたいなものです。

P1020242
天板加工後
   P1020245 P1020248
さかさまの状態です。
明日は完成写真をのせます。

 

posted by Toshi at 22:14| Comment(0) | 日記

2009年10月15日

今日の現場の様子

今日の現場の様子です。 
   P1020134
廊下の腰板が完了したところ
P1020135
トイレの天井
差し廻し天井と言っています。
真ん中は網代です。回りは杉の無垢板です。
トイレの天井は大工さんの腕の見せ所になっています。
P1020141

P1020144
長押を付けています。
この道、40年のベテラン大工さんです。
この長押、吉野杉の無垢材です。
私が削りましたけど、からからに乾燥してましたのでさらさらと削れてきもちが良かったですよ。
取り付け後も、木目がとても、きれいです。

P1020148
外部の下塗りが、大体終わってきました。
今は造り付けのバルコニーが多いので、外観が洋風になりやすいのですが
玄関に霧除け付けたり、いろいろ工夫して現代和風に設計しました。
12月頃あたりに完成予定ですので、楽しみです。

 

posted by Toshi at 18:12| Comment(0) | 日記